HBAホルモン塾
「オキシトシン・
タッチセラピー講座」

14:10-15:40 2F テラスルーム
山口創さん、大葉ナナコさん

HBAホルモン塾 「オキシトシン・タッチセラピー講座」
山口創、大葉ナナコ

プロフィール

山口創 -やまぐち はじめ-
博士(人間科学)、臨床発達心理士
桜美林大学教授

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了後、聖徳大学講師、桜美林大学准教授を経て現職。
スキンシップの効果について、赤ちゃんから高齢者まで幅広く、心理学や生理学を用いた研究をしている。

【最新作】

大葉ナナコ -おおば ななこ-
公益社団法人誕生学協会代表。株式会社バースセンス研究所代表。筑波大学大学院修了・保健学修士

小中学校で年間900校へいのちの授業を届け、行政両親学級開発など、誕生と出産教育の専門家として公益事業に従事。ドキュメンタリー映画「うまれる」製作メンバー。
1997年より妊娠前・妊娠中・産後育自のサロンも開講。官僚や政治家、経営者、芸能界にもクライアント多数。三越伊勢丹マタニティベビーコンシェルジュ研修統括歴12年。
またオキシトシン研究者として、家族タッチセラピーを開発・普及中。環境大臣公認アンバサダーでもあり「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトや、環境省グッドライフアワード審査委員も6年目。「人のいのち、地球のいのち」学校プロジェクトほか、マザーアースへの想いをチームで!と多彩な連携活動を展開。著書共訳書26冊。

講座内容

『子供の「脳」は肌にある』などの著書で知られる、身体心理学者でタッチセラピーの第一人者 山口創先生と、オキシトシン研究者でバースコーディネーターの大葉ナナコ氏を迎え、皮膚感覚がいかに人の心とつながっているのか、を語り合います。

どう触れば人は癒され、治癒力を増し、子供は自己肯定感を育むことができ、さらには、触る側にはどんな影響があるのか?そのキーとなるホルモン オキシトシンとはいかなるものか?
皮膚と脳と、ときどき腸にも寄り道しながら不思議な「愛のホルモン オキシトシン」を巡る旅に出ましょう。

PAGE TOP