患者学外来
「がん患者の家族外来」

16:00-17:30 1F Room C
保坂隆 Dr.

保坂先生は
2F メインホール  
15:00-15:40  
オープンセミナー
「リエゾン患者学」
にも登壇されます。

患者学外来 「がん患者の家族外来」
保坂隆Dr.

プロフィール

保坂隆 -ほさか たかし-
保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、
聖路加国際病院 診療教育アドバイザー

昭和52年 慶応義塾大学医学部卒業
平成2~4年 カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)精神科留学
平成15年 東海大学医学部精神科学教授
平成22年 聖路加国際病院精神腫瘍科部長
平成24~26年 高野山大学大学院通信制密教学科卒業
平成26年 聖路加国際病院リエゾンセンター長,同精神腫瘍科部長,聖路加国際大学臨床教授
平成29年 聖路加国際病院定年退職,聖路加国際大学臨床教授,京都府立医大精神科客員教授,昭和大学医学部乳腺外科客員教授,横浜市大医学部客員教授,東京医科歯科大学非常勤講師, 早稲田大学非常勤講師
平成29年 保坂サイコオンコロジー・クリニック院長,聖路加国際病院 診療教育アドバイザー

【最新作】

講座内容

慶応義塾大学医学部卒。カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)留学。聖路加国際病院ではリエゾンセンターをつくり、連携医療推進に尽力されました。自然治癒力学校でも、何度もお招きして、「空海と最澄がLINEで会話したら?」「となりのトトロ心理学」などのセミナーが大盛況!

現在は、築地に、保坂サイコオンコロジークリニックを開院され、
その院長先生を務められています。

サイコオンコロジー=Psycho-Oncology、
「心」の研究をおこなう心理学(サイコロジー=Psychology)
「がん」の研究をする腫瘍学(オンコロジー=Oncology)

この2つを組み合わせた造語で、
「精神腫瘍学」と訳され、1980年代に確立した新しい学問です。

サイコオンコロジーでは、
がん患者さんとご家族の心理・社会・行動的側面など
幅広い領域での研究・臨場実践・教育を行っています。

保坂先生は、1990年から米国に留学した際に、
諸外国において、がん患者の心のケアがずいぶん進んでいることを知りました。

帰国後、がん患者の心のケアを目指す「日本サイコオンコロジー学会」の理事となり、

東海大学医学部精神科教授を経て、サイコオンコロジーの普及を目指し、
57歳で聖路加国際病院に「精神腫瘍科」を新設もされました

がんとココロの関係の第一人者であり、
そして、がん患者とその家族をサポートするための社会活動の整備にも尽力されてきました。

今回は、がん患者を持つ家族のために保坂先生ならではの視点によるがん患者の家族外来!をご担当いただきます。

すごくシリアスなテーマですが、
保坂先生のユーモアたっぷりの話法にかかれば、
明るく希望を持てる講座になるのは間違いありません。

がん予防は、自分だけではなく、家族の問題でもあります。
ぜひぜひ学びにいらしてください。

■がん患者さん、がん患者のご家族をお持ちの方、がん予防のための心の在り方に関心のある方へ。
※患者学外来は、各90分コマで、最初の30分を先生の講義、残り60分を徹底Q&A、あるいは先生によって模擬診療をやっていただきます。一方通行ではない、ワークショップ型のすごい試みです。

PAGE TOP