三浦直樹

-みうら なおき-

1968年大阪生まれ
みうらクリニック院長

肉親のガンをきっかけに、
西洋医学の限界と矛盾を強く認識。
治療法の選択肢を広げるべく、
自然療法の研究・実践を開始。
以来約20年間、
鍼灸や整体などの手技療法、
マクロビオティックや漢方・薬膳などの食事療法、
カウンセリングや催眠療法などの心理療法の研究を行い、
必要に応じて西洋医学と組み合わせながら
自然治癒力を引き出す治療(統合医療)を行っている。

現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、
漢方、アレルギー科、皮膚科、ペインクリニックに対応した
クリニック院長を務めるかたわら、
講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

著作

事前インタビュー

関西なら、三浦のとこに行け
こうなったら、ワクワクワクチンで