萩原 優

-はぎわら まさる-

医学博士  聖マリアンナ医大客員教授。イーハトーヴクリニック院長。

医学博士  広島大学医学部卒業
東京女子医大外科で3年間の医療錬士を経て、
聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡的診断・治療、緩和医療に従事した。
第一外科講師、同大学講師、准教授を経て西部病院外科部長を歴任した。
30年以上に渡り大学病院に勤務し、平成17年3月退職した。
平成18年9月より19年3月まで「森の診療所」院長を勤めた。
現在は聖マリアンナ医大客員教授。イーハトーヴクリニック院長。
医療における精神面に特に重要視し、統合医療を行っている。
催眠療法を実践しつつ、その普及に努めている。

元日本外科学会指導医、元日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会指導医、
日本消化器内視鏡学会認定専門医

著作