明橋大二

-あけはし だいじ-

精神科医 
現職:真生会富山病院心療内科部長
S34年、大阪府に生まれる。
S60年 京都大学医学部卒業
S60~62 国立京都病院内科、
S62~H1 名古屋大学付属病院精神科、
H1~H5 愛知県立城山(しろやま)病院精神科
H6年1月~ 真生会富山病院心療内科
専門:精神病理学、児童思春期精神医療
現在、児童相談所嘱託医、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、一般社団法人HAT共同代表。
富山県虐待防止アドバイザー、富山県いじめ問題対策連絡会議委員、南砺市政策参与。
TV出演として、「情報ライブミヤネ屋」「世界一受けたい授業」「報道ステーション」など。

著作

『なぜ生きる』『子育てハッピーアドバイス』『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方』『0~3歳のこれで安心子育てハッピーアドバイス』『3~6歳のこれで安心子育てハッピーアドバイス』
『見逃さないで!子どもの心のSOS』『みんな輝ける子に』『親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?』『HSCの子育てハッピーアドバイス』(以上1万年堂出版)『生きるのがラクになるたったひとつの言葉』(主婦と生活社)など。
翻訳書『ひといちばい敏感な子(HSC)』(青春出版社)、「ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき」(青春出版社)。
子育てハッピーアドバイスは、シリーズで500万部を超えるベストセラーとなっているほか、韓国、中国、台湾、タイ、ベトナムにて、翻訳出版されている。

事前インタビュー

ソーシャルキャピタルの大切さ
ロングコロナの心配