いのちを考えるルーム 当日のプログラム

IMG_5894

 

 

いのちを考える部屋を担当しております

川村真妃ともうします。

 

未来患者学サミット開催まで残すところあと一週間。

当日お越し頂きます皆様に、有意義なお時間をお過ごしいただきたいという思いで、本日まで準備を重ねて参りました。

 

 

いのちを考える部屋では、

様々な角度から自分の生きる軸を見つけて頂く事を目的に、

講演、体を使った体験ワーク、そして対話型ワークショップを

ご用意させていただいています。

 

 

 

今後さらなる医療の進歩に伴い、

様々な治療の選択肢が私達の前に提示されるようになります。

 

沢山の選択肢のなかから、

自分の生き方にそった選択をするためには、

自分がどんな事を大切にしている人間か、

自分がどんな人生を生きたいのか、

ということをきちんと考慮する必要があると感じています。

 

 

一人一人が自分の生きる軸をもつことで、

医療従事者と対等に話しをする事ができ、

それにより、自分のニーズにあった

医療施設や治療を選ぶ事が出来るようになります。

 

この部屋にご参加いただいた方が、この部屋を出られるとき、

少しでも自分に対する理解がふかまり、

「自分の生き方、在り方」を考慮した選択ができることを目的として、

「いのちを考える部屋」のプログラムをデザインさせていただきましたので

本日は当日のプログラムと簡単な流れをご説明させていただきたいと思います。

 

 

 

14時からは三浦直樹先生の講演があります。

 

三浦先生は、

西洋医学に加え、さまざまな自然医療、東洋医学、食事療法などの研究を行われ、

先生が院長を務められておられる「みうらクリニック」では、

実際に診療・治療にもそれらを取り入れられておられます。

 

先生は以前対談で

「病気の原因で重要なのは患者様の「想い」だと思っていますから、

こちら側が治療法を提案させていただくのですが、

それを押しつけるのではなく、

私は患者様がやりたいと思っている治療法を

サポートしてあげるというスタンスです。」

とおっしゃらておられます。

 

 

先生は、患者さんに自らの治療を選択してもらうという仕組みを、

みうらクリニックで長年実践され続けてこられた素晴らしい先生です。

 

当日は、三浦先生に、

患者さんが自分で治療を選択するために事前準備としてできることや、

自分の人生の軸にあわせて選択するコツなどについて

伺ってみたいと考えています。

 

 

 

15時からは体のワークを通じて、

体の中のどこに軸が実際にあるのか、

また、その軸がきちんとあるべき場所に存在する大切さなどについて

ヨガの先生から学んでいただきたいと思います。

 

そして体の軸を体感していただいたあとには、

心の軸を見つめる自分と対話する時間を設けさせていただきます。

体の軸と心の軸をみつめ、それらがきちんと連動していることが

健康を維持する上でも、後悔のない選択をし続ける上でも

大切だという事を体験と対話を通じてご理解いただけたら幸いと存じます。

 

 

16時半頃からは

自分の人生の軸をもって生きておられる

様々な専門家の方々との質問会&対話会を企画しております。

 

外科医、血液内科医、麻酔科医、小児科医、

在宅医療&医療コンサルタント、看護師、

グリーフケアの専門家、ファミリーコーチ、行政書士、

やりたいことで成功するために

必要な最幸の自分を引き出す「本当の自分鑑定士」など

 

素敵な方々が、

皆様のなかに存在する「自分の生きる軸」につながれるサポートを全力でさせていただく予定です。

 

この時間はあえてテーマを設定せず、

フリートークの時間にさせていただく予定です。

 

皆様が講師の方々からインプットされた様々な情報を

ここでアウトプットしていただくことで、

それらが皆様の生き方に落とし込めると考えこのような時間を作りました。

 

先生vs患者、専門家vs生徒という枠をこえて

フラットな関係でお互いが学んだ事、

お互いが疑問に思っている事をシェアし、

それにより「???」という気持ちを

少しでも減らす事ができたらいいなと思っております。

 

 

 

以上がいのちを考える部屋の当日の大まかな流れです。

 

二度と繰り返されない一生に一度の出会いの場、

そんな場を心をこめて提供させていただきます。

 

皆様とお会いできる事を心から楽しみに

皆様のご来場をスタッフ一同おまちしております!

エントリー04

 

>>> 前売り申込はコチラ! <<<

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です