■患者学とは・・・

・医師にとっては「日常」、患者にとっては「非日常」の医療現場。
そこで起こるコミュニケーションエラーについて、ケーススタディで学習し、
双方の充実した意思伝達のガイドラインをつくりあげる。

・心が串刺しになるという「患」の字から、トゲをぬいて、カラダは病気でも心は病人になりきってしまわないメンタルケアのしくみをつくる。

■患者力向上・・・

・もっとも望ましい患者力とは、病院との付き合いが少ない、健康的な生き方である。

・医療現場を構成する大事なファクターとして、医師、医療スタッフ、医療環境のみならず「患者の存在」があり、患者力が、今後の、医療現場のクオリティ向上のカギである。

・「患者力」とは、自分の人生には責任を持ち、病気や疾患をもちながらも、医療に全面依存することなく、自立した個人として、適切な医療選択を行ない、自らの人としての尊厳を維持しつつプロフェッショナルとしての医療者へ敬意を忘れず、より成熟したコミュニケーションを行なえる力である。

+++

■おのころ心平は、

・病気になる前のセルフケア、
・病気になってからは「患者力」向上、
を主旨としたカウンセリングを23年、行なってまいりました。

多くの経営者、アスリート、芸能人、作家、講演家などをクライアントとしてカウンセリングする中で、少なくないケースで、医療とのかかわり方(医療のパーソナルコーディネート)を行なってきました。

パーソナル医療コーディネートとは、ただただ身体的に「治る」ことが目標にするのではなく、社会復帰、現場復帰を目指す、医療とのつきあい方のプログラムです。
社会復帰へのプランニングのための、医療選択、セルフケアの方法を実践的に構築してまいりましたが、この過程で、多くの医師、専門家の指導を仰いでまいりました。

■そして2017年8月11日開催 女性医療「患者学」サミットへ

このたび機会をいただきました対馬ルリ子先生もそのおひとりで、女性の健康と男性の健康の本質的な違いや、産婦人科に持ち込まれる社会問題の縮図のようなお話をたくさん教えていただきました。

ルリ子先生の女性の健康と社会的自立へのミッション的活動には、民間活動しても、側面的なサポートができないかと考えており、このたび、当方「患者学」イベントと目標を合致する形で、2017年度のイベント開催の運びとなりました。

本イベントで、女性が社会で大いに活躍するための、女性のカラダ・健康への認識とそのサポート体制の必要性を広く打ち出せたらと考えております。

■主催母体

本年2017年のイベントでは、
・NPO法人女性医療ネットワーク様 代表:対馬ルリ子先生
(次世代チーム代表の、京都大学池田裕美枝先生)
・女性のからだ会議(シンクパール)様 代表:難波美智代さん
・NPO法人ホリスティックビューティ協会様 代表:岸紅子さん
・一般社団法人 自然治癒力学校
のご協力のもとでの開催いたします。

■主なご出演

川嶋朗先生
東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授

福島正伸先生
株式会社アントレプレナーセンター代表取締役

永田良一先生
メディポリス陽子線治療センター理事長
株式会社新日本科学CEO

はMMA発起人として、昨年に引き続き、ご出演いただきます。

本年は、女性医療をテーマとするため、
対馬ルリ子先生をはじめ、現在のところ8名の女医の先生方、そのほか、女性の健康のセルフケア指導のワークショップ講師の先生方をご招聘しております。

PAGE TOP