8月です。医療のビックウェーブを創りましょう

20130731

 

MMAプロジェクト総合委員長、
おのころ心平です。

 

おかげさまで600名以上のご参加、
8月11日、何かが起きます。

 

あなたも医療の世界で起こる
このビッグウェーブにぜひのってください!

 

さて、僕は、現代病の多くは、
「コミュニケーションエラー
(コミュニケーションがうまくいかないこと)」
によるものだと考えています。

 

コミュニケーションが
うまくいかないことで、

 

「治るものも治らない」

 

という事態は今、
ほんとうに起こりえますし、

 

もう少し意思疎通があったなら、
症状が悪化せず、
長引かずにすんだ例も多いでしょう。

 

***

 

痛みなどで
QOL(生活の質)が下がったり、

 

薬の投薬期間が
延びてしまったりすることも、

 

コミュニケーション力で
避けることは可能かもしれません。

 

重病の場合はまた、
コミュニケーション能力の度合いが、
その人の寿命に直結してしまうこともある
といっても過言ではありません。

 

MMAが提案する
「未来患者学」では、
まずは、患者として

 

「医療としっかり向きあう」

 

ことを考えます。

 

***

 

 

もうすぐ、無為無策で
病院にかかる時代ではなくなります。

 

どんな病院が自分に合っているかは

 

自分が乗ってる車を
定期的にメンテナンス
するかのごとく、
日常的なことになっていくでしょう。

 

病院がトータルで
あなたの健康管理をする時代、

 

あなたはどんなお医者さんと
どんなクリニックと契約しますか?
というような話です。

 

未来患者学は、
あらゆる角度から、
来たるべき健康時代を
予測し、お話をしてみたいと
思っています。

 

811という日程にもかかわらず、
ほんとうにたくさんのご来場。

 

あなたの未来への
大事な要素、ぜひ知ってください。

  ↓

エントリー04

 

>>> 前売り申込はコチラ! <<<

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です