フランス式デリケートゾーンケアとは!?

会議室5担当の
スタッフのjunjunです。

日本人女性が、
”フランスマダム”
という言葉に
心奪われてしまうのは、
なぜなのでしょう。

歳を重ねるほどに
円熟味を増し、
女性であることに
自信と誇りを
持っている、
エネルギッシュな
イメージだからでしょうか?

その秘訣が、
日常のケアの中に
隠されているとしたら……。

会議室5唯一の
女性講師陣による講座

「潤うカラダになる。
フランス式
デリケートゾーンケア最前線」

では、

フィトテラピー(植物療法)が
学問である
本場フランス式、
女性の”デリケートゾーン”の
日常ケアの方法を
学ぶことができます。

講師のお一人は、
フランス国立パリ第13大学で
植物薬理学や
フィトテラピーを
専門的に修め、
現在、フィトテラピーの
学校を主宰し、
植物療法を
広く啓蒙されている
森田敦子さん。

もう一人の講師は、
NPO法人日本ホリスティック
ビューティー協会の
代表理事として、
女性の”健康”と”美”を
自然治癒力の観点から
伝承されている、
ホリスティック美容家の
岸 紅子さん。

知識と経験の豊富な
お二人から、
フランス人女性の
”デリケートゾーン”の
具体的な(ディープな!?)
ケア方法を
聞くことができる
貴重なチャンスです。

”デリケートゾーン”の
お手入れ方法を
知ることで、
女性一人一人が、
自分のカラダを
愛でるようになったら……。

日常ケアとして
実践し、
体感していくことで、
より本質的な
”生きる力”を
目覚めさせてくれるでしょう。

ぜひ一緒に、
オープンな場で、
女性である喜びを
知識として、
共有してみませんか?

関連記事

  1. 8月11日は、ライフステージの中間決算?!

  2. クイズでチェック!女性は知っているはずの女性の体のこと。811で改めて…

  3. MMAは夢の総合病院!?

  4. メインホールが熱い!

  5. 私をかえた女性医療ネットワークとの出会い

  6. Room4 女性医療は命の場

  7. MMAは本気の場

  8. 人生は、だんだん美しくなる

PAGE TOP