月よみ的・病気になるのは地球に産まれた運命。

こんにちは、月よみ師の日菜です。

MMAスタッフとして、今日はどんなブログを書こう。

美しすぎる岸紅子さんを紹介しようかな。

ダーリンに愛される、セクシーな骨盤底筋ワークの
魅力について書こうかな。

と、ワクワク考えていましたが、

偶然にも《必然にも》風邪で寝込んでしまったので、
今日は月よみ的、病気の運命について書きたいと思います。

私は、月星座も太陽星座も《牡牛座》で
《畢宿》という宿を持っています。

これらの特徴は様々ですが、畢宿は
《孤独を恐れない宿》
とされています。

また、牡牛座は12星座イチ、
我慢強い星座だとも言われています。

なので気付いたら、無理をしすぎていた、
と言うコトがあるのです。

又、牡牛座は頑固でマイペース、とも言われ、
地のエレメントにあたります。

私自身、その通りだなぁと思います。

私は一人の時間がないと嫌ですし、
何かに没頭すると、誰にも会わなくていい。

自分の意志を曲げてまで、他人にあわせようとか、
一緒に居たいという気持ちが、あまりないです。

この逆を行くのが水のエレメント。

誰かと一体化したい、というくらい、
一緒に居たい方が多いですね。

あくまで、傾向ですが。

牡牛座で畢宿の私には、理解に苦しむのです。

さて、病気の話に戻りますが。
地球に産まれて、ただ1つわかって居る事。

それは死ぬことです。

地球に産まれて生きる以上、
病気や怪我、苦しむ事って、
必ず起こる事ですよね。

私は、痛いとか、苦しいとかが嫌いなので
病気はなりたくありませんが、
病気をあまり悪いモノだとも思いません。

今日も、喉が痛くて、咳が出て、
辛いなーと思いながら
お粥とタマゴ味噌を作ってたべました。

これは体調不良の時の定番メニューで、
小さい頃、母が作ってくれたもの。

これを食べると、母の愛情を思い出す事ができます。

皆さんも、そんな思い出って、あるのではないでしょうか。

私は、確かに孤独を恐れませんが、
誰も頼る人がいない時に病気になり、
苦しくて苦しくて、寂しくて、
世の中で、本当に1人ぼっちのように
感じた事があります。

その時、もう地球にいる意味がないな。

死んでもいいな、と思った事があります。

とは言え、そんな事にはならず。

この世の中に、自分を助けてくれる人や
自分を必要としてくれる人は、
必ずいます。

《生きたい》と思うのは、そんな人達がいて、
同じ時を幸せに過ごしたいからだなって。

大切な人が辛い時に、傍にいたいから。

1人ぼっちの寂しさを経験したから、
1人になりたくない人の気持ちもわかるし、
辛い事があるたび、幸せにも
気付けるのだな、と思います。

病気1つとっても、色々な考え方、
それぞれの捉え方があると思います。

MMAではきっと、今までの自分の捉え方と
違ったモノや、今まで否定されていた事が
肯定できるような、様々な体験ができる事でしょう。

8/11 山の日、私も皆様との
新しい出会いと発見を、楽しみにしております。

関連記事

  1. MMAは夢の総合病院!?

  2. MMAで患者学を。今年の女性医療患者学でパートナーシップ向上も?

  3. スタッフの目印

  4. Room4 女性医療は命の場

  5. 昨年と同じ感動を皆さんに! 第二回未来患者学サミット

  6. 命の相互作用~患者力に期待すること~

  7. 私をかえた女性医療ネットワークとの出会い

  8. 会場でのお忘れ物につきまして

PAGE TOP