情報の取捨選択

こんにちは。
MMA811スタッフの中山知子です。

MMAのチラシをお渡しした治療家の方から、
最近患者さんが亡くなった話を聞きました。
乳がんを患って代替療法をされていた方で、
ご主人のすすめで受診した病院で
抗ガン剤治療を受け、
治療の甲斐なく亡くなってしまった、
というものでした。

同時期にその方のお母様も同じ乳がんと
診断されましたが、
代替療法のみで今も変わらず過ごしている
ということでした。

病気になってから情報を集めたり、
見極めたりするのは、
心身ともに大変なことだと思います。

元気な時にたくさんの情報を
収集しておくことが大切です。

自分の中で治療に関して
イメージを持っておくこと、
生き方についての希望を
明確にしておくことは、
治療を選択することにつながります。

MMA811は、たくさんの素晴らしい講師陣が
登壇される、またとない機会です。
昨年参加したMMAから1年、
私自身の意識が変わり、
今できることを全力で伝えることで、
日々の仕事もより楽しく、
やりがいを感じられるようになりました。

どこかひとコマでもピンときた方、
アンテナに触れた方は、
ぜひ参加していただきたいと思います。
それ以上の収穫があるはずです。

8月11日、品川インターシティでお待ちしています!

関連記事

  1. 不安の備えではなく、質向上のための骨盤底筋ケア

  2. 未来の安心を自分で作る

  3. 体と心に向き合う日

  4. 月よみ的・病気になるのは地球に産まれた運命。

  5. 『37の病院・医師をまわり 僕はがんを治した/福島正伸著』を読んで

  6. MMAで患者学を。今年の女性医療患者学でパートナーシップ向上も?

  7. 人生は、だんだん美しくなる

  8. Room4 女性医療は命の場

PAGE TOP