その病気、ひょっとして、あの夫が原因かも?夫源病をご存知ですか?

おのころ心平先生のblogに
男性は冷やせ、女性は温めろ

という話がありましたね。

男性の精巣は、カラダの外にあり、
女性の卵巣(子宮)は体の中にある。

という構造的な視点からの考察でした。
確かに
男性の下着はブリーフよりトランクスの方が良い。
という話を夫から聞いたことがあります。

男性が外
女性が内

という話は
仕事と家事の関係を連想します。
日本で昔からある

夫は外で仕事をし
妻は家で家事をする

ってやつです。

とはいえ、共稼ぎで夫婦ともに外で仕事をしている我が家。
帰宅した夫が
「お茶入れて」
と座ったまま言おうものなら

”自分で飲む分は、自分で入れようよぉ”
と思わずムカッします。

そこに加えて
「お箸とって」
など言われようものなら

”自分で取れぇーーい”
と更に熱量が上がります。

こういう熱量の上がり方は
ちっともカラダにはよくありません。

夫源病
という言葉を聞いたことがありますか?

たとえば、医師からこんな病を指摘され、治療しているけど、なかなか症状が改善しないなら、ちょっと注目です。

・本態性高血圧症(原因が特定できない高血圧)
・突発性頭痛、突発性難聴
・メニエール病(めまい、耳鳴り、難聴を伴う原因不明の病気)の疑い
・うつ病

もしくは、病名はないけど、こんな症状をお持ちの場合も注目です。

・とにかく夫が家にいる週末は頭痛。平日も夕方からイライラする
・夫に急に怒鳴られたのを機に動悸が始まり、唾が飲みこみにくくなった
・めまいに悩んでいたが、夫が長期出張に出たら治った
・夫の身勝手な発言を聞くと、顔ののぼせやほてりが起こる

夫源病とは
夫が原因となって、妻のカラダやココロが不調になる病気。
医学的な病名ではないそうですが、
大阪樟蔭女子大学の石蔵先生が更年期外来に来る中高年のご夫婦を診察する中で気がついて
命名した名前です。

夫の存在や、何気ない言動をストレスとしてうけとって、
自律神経やホルモンのバランスを崩し、
めまい、動悸、頭痛、不眠といった症状が妻を襲う夫源病。

まさに
夫がストレス!!
と感じている女性陣は要注意ですよ!!
わたしも警戒しておかないと。。。

もちろん妻側タイプで なりやすい人、なりにくい人がいます。
なりやすい人は

・我慢強くてあまり弱音を吐かない
・几帳面で責任感が強く、仕事や家事に手が抜けない
・感情を表に出すのが苦手で、人前で怒ったり泣いたりできない
・人に意見するのが苦手で、理不尽なことを言われても反論できない
・「いい妻」「いい母親」でありたいという意識が強い
・外面や世間体が気になる
・細かいことをクヨクヨと気に病む

少しでも当てはまることがあるあなたは、
まずは普段のストレスマネージメントから!!

811大会でも ストレスマネージメントのお話が聞けますよ。
ぜひお越しくださいね。

関連記事

  1. Room4 女性医療は命の場

  2. あなたの苦手な家事はなんですか?

  3. 情報の取捨選択

  4. 未来の安心を自分で作る

  5. vol1. 女性医療ってなんだろう?

  6. 「好きなことだけ楽しくやってきたからへっちゃら」by 対馬ルリ子

  7. クイズでチェック!女性は知っているはずの女性の体のこと。811で改めて…

  8. 「西洋医学VS自然療法」ではなく相互理解を!

PAGE TOP