「西洋医学VS自然療法」ではなく相互理解を!

皆さま、初めまして。
2017年MMAのスタッフを務めさせていただく伊藤妙子です。

現在、アロマセラピストとして活動し、
女性のココロとカラダの健康と
向き合う日々を過ごしております。

アロマセラピーの他にも
さまざまな自然療法や代替療法を学びながら、
「医療や薬に頼らずに、自然治癒力で治す」のが一番!!

病院なんて、何時間も待たされて、
三分の診療で薬を出すだけで頼りにならない!
なんて、思っていた時もありました。

しかし、昨年の「未来患者学サミット」で
川嶋朗先生の「本気の外来」を拝見し、
雷に打たるほどの衝撃を受けました。

病以前に、
目の前の患者という人間に真剣に向き合う診療。
真剣だからこそ、時に厳しい言葉もあるけれど、
その言葉を真剣に聴く患者さんの姿。
そして、患者さんの目から自然に流れる涙・・・。

あ、今思い出しただけで泣けてくる・・・。

こんな素晴らしい医師が、
日本にいらっしゃったんだ!
という感動と同時に、
「お医者さんなんて薬を出すだけ…」
なんて生意気なことを考えていた自分が
恥ずかしくなりまして、
心から悔い改めました(汗)

大切なことは、
「西洋医学VS自然療法」
みたいな対立ではなく、相互理解です。

それぞれの得意分野を活かし、病気を治療し、
患者の生活の質を上げていくこと。

そして、治療現場での主人公は患者自身であること。

自分の身体、命に責任を持つことです。

今年のテーマは「女性医療」 
女性ならば、女性ホルモンや生理のこと、
きちんと知っておく責任があると思うのです。

そして、万が一の時、
どのような治療法、病院、ドクターがいらっしゃるのか? 
自分にとってベストな選択は何か?
最先端の情報に出会える場で、
自分の女性性と向き合ってみてください。

ハッピーなパートナーシップのために、
男性にも知ってほしい内容がたくさんあります。
男女の相互理解が、実は一番大切かもしれませんね。

様々な立場から、
たくさんの方々に関心をもっていただけるよう、
これからも発信していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 薬剤師(姉)& 鍼灸師(妹)が伝えたい、 これからの医療のつきあい方

  2. 『37の病院・医師をまわり 僕はがんを治した/福島正伸著』を読んで

  3. 私をかえた女性医療ネットワークとの出会い

  4. 体と心に向き合う日

  5. Room4 女性医療は命の場

  6. 漢の方から来た漢方。女性のココロとカラダをサポートしてくれるんですよ。…

  7. MMAは本気の場

  8. フランス式デリケートゾーンケアとは!?

PAGE TOP