昨年と同じ感動を皆さんに! 第二回未来患者学サミット

こんにちは。未来患者学サミットのスタッフ、くろです。

私は、昨年は一般参加で、
未来患者学サミットに関わりました。

恥ずかしい話ですが、
ほとんどの先生をその時初めて知りました。

ホールでは、
帯津良一先生のお話と、
福島正伸先生と川嶋朗先生とおのころ心平先生のトークを伺いました。

帯津先生の人柄がにじみ出るお話に思わずニンマリ、
「うんうん、やっぱりトキメクことが大切なのよね。」と、
自分なりに納得。

そして、福島正伸先生のお話には、
本当にびっくりしました。

「ガン」という深刻な議題なのに、
なぜ、こんなに明るくて、面白いの?

37人もの医師をあたり、
「治療中に起こるすべてを楽しみ感謝する」という、
その発想にびっくり。

「ガンは、私を幸せにしてくれた」と言い切る先生。
こんなことがありうるんだと、
驚きとともに感動が沸き上がってきました。

ルームでは、川嶋朗先生と岸紅子先生の2つの講座を受講しました。

川嶋朗先生の講座では、
大きな子宮筋腫を切らずに産み出したという話に、またまたびっくり。
熱気であふれた部屋は
壇上に向かう先生が通れないほどでした。

岸紅子先生の講座では、
発酵食品と腸活の大切さを学びました。
美しい先生の口から、快便の言葉が出てくることへの意外さ。
でも、だからこその美しさ。
私も、味噌や納豆、酵素を意識して取るようになりました。
快便って、ありがたいですね。

さて、今年のプログラムは、

「乳ガン治療・予防」などの最新医療のお話から、
「ナチュラルコスメ」などの女性美を意識したもの。

漢方のお話や、ハーブブレンド作り、骨盤底トレーニング。
ピルのお話、メンタルケア、自然療法など、本当に盛りだくさん。

1日だけの
「未来患者学サミット」。

参加したら、きっと何かが、変わる。
一人一人に必要なプログラムが、見つかるはず。

昨年の私のように、
「驚き」と「感動」を手に入れて帰って欲しいと
心から願っています。

8月11日、品川インターシティで、お待ちしてます。

関連記事

  1. 薬剤師(姉)&鍼灸師(妹)が伝えたい、医師と患者のコミュニケ…

  2. 体と心に向き合う日

  3. 命の相互作用~患者力に期待すること~

  4. 8月11日は、ライフステージの中間決算?!

  5. 今年の学びは?

  6. 薬剤師(姉)& 鍼灸師(妹)が伝えたい、 これからの医療のつきあい方

  7. 『37の病院・医師をまわり 僕はがんを治した/福島正伸著』を読んで

  8. MMAは夢の総合病院!?

PAGE TOP