薬剤師(姉)& 鍼灸師(妹)が伝えたい、 これからの医療のつきあい方

前日の記事からの続きとなります。前日の記事はこちら

【登場人物】
ともこ:姉、薬剤師。
きょうこ:妹、鍼灸師。

きょうこ:去年のMMAでは、
川嶋先生が本気の外来で、

自分の病気の専門家になりなさい、
どのくらい病気のこと知ってる?

とおっしゃっていたのが衝撃的で。

自分の体や病気のことを知らないまま
医師任せにしていて、

良くならない、悪くなった

と言っているだけって
自分の体に対してあまりにも無責任だと思った。

鍼も
鍼そのものが病気を治すわけじゃなくって、

鍼の刺激で
身体の治ろうとする力が反応する
ことで
症状が改善するの。

もちろん、受ける側の心と身体の状態で
効き方も全然違うんだよ!

治療の主体は患者さん。

この未来患者学は

患者さんが自分で体のことを知って、
自分で良くなろうと思わなければ
治っていかないんだ 

っていう、
日々私たちが感じていたこととつながったよね。

ともこ:患者さんが本気の先生を選ぶようになると、
全部の先生が本気を出さざるをえなくなって、

患者さん自身も
自分の体や病気について
本気で調べることで
医師と同じ目線で、自分の体のことを話すことができて、
最適な治療法も見つかるのかもしれないね。

きょうこ:去年のMMAは参加者だったけど、
そこからのご縁で
スタッフとして関わることができるのは
喜びであり楽しみ。

今年のMMAがより良いものになって、
これからどんどん良くなっていく
と考えるだけでも楽しい。

ともこ:本当に楽しい。
医療業界全体もみんなの健康度も
どんどん良くなって、
いろいろ選択肢が増えていくのが理想。

きょうこ:そういう思いが一緒の人が
集まってるよね。

スタッフみんなが同じ方向を
みているのがわかるから、
ミーティングの空間に
いるだけでも楽しい。

みんなで作っていこう
という感じが伝わる。

ともこ:当日は全部のブースを録画して
見たいくらい。
私は患者さんの家族や
職場のスタッフにも聞いてもらいたい。

きょうこ:私も女性の患者さんに
聞いてもらいたい。

ともこ:1人でも多くの人に伝えていこう。
きょうこ:そうだね。

関連記事

  1. 私をかえた女性医療ネットワークとの出会い

  2. 会場でのお忘れ物につきまして

  3. フランス式デリケートゾーンケアとは!?

  4. 「西洋医学VS自然療法」ではなく相互理解を!

  5. 「好きなことだけ楽しくやってきたからへっちゃら」by 対馬ルリ子

  6. クイズでチェック!女性は知っているはずの女性の体のこと。811で改めて…

  7. 医療に関わりが無い方にも…

  8. vol1. 女性医療ってなんだろう?

PAGE TOP