生理がとまってしまうのココロ…おのころ考察。

おのころ心平です。

無月経についての
ご質問をいただきました。

以下、僕なりの回答です。

Q1.7年ほど前から生理が止まりました。

婦人科に行ったことも
ありましたが、
ホルモン剤がよくないと聞いてすぐにやめました。

何とか自力で
生理を起こすため、
アロマや整体に通っています。

生理が止まってから
口の周りの産毛が濃くなり、
女としてとても悲しい状況です。
レザー脱毛にも行きましたが
効果はありませんでした。

自己処理を続けているせいか、
毛穴も目立ち、
もう手に負えない状態です。
鏡を見るたびに落ち込み、
人の視線が気になって
友人にも会えません。

どうしたら、キレイな口元を
取り戻せるでしょうか?

++++++++++++++++

A1.おのころadvice

ご質問にあります
口の周りの毛とは、

ここは男性ホルモンが
作用する場所ですから、
やはり、ホルモンバランスの
崩れからくるものです。

僕はココロとカラダの
カウンセリングをしてきましたが、
あまり現代医療を否定することはありません。

たしかにホルモン剤治療の
怖い面はありますけど、
いったん生理が戻るまでは
上手に賢く利用することも必要かもしれません。

***

さて、ご質問頂いた
この方のお悩みについて、
ヒントはまず、
「7年前」という数字にあります。

東洋医学的には、
女性のホルモンの働きというのは、
7年周期でターニングポイント
を迎えるのです。

一般的には、
7歳で七五三に代表されるように

7歳でカラダが親から独立し、

14歳で心理的に独立する。
…すると初潮を迎える。
21歳で子どもを宿すのに十分なカラダが仕上がり、
あとは7年ごとにその時々に
ふさわしいホルモン機能に変化させていく。
そして、7歳×7周期の
49歳で閉経を迎える、
というわけです。
(その後もホルモン作用は続きますが、、、)

時代背景や
個人の成長度などもありますから、
この年齢が2、3歳ずれることは
もちろんありますが、

7年周期というのは、
けっこうついて回るリズムなのです。

7年前にとまった生理ですから、
この1~2年のカラダの変化は
大いに活用できると言えるでしょう。

***

そして、
ご質問の方のお悩みに関して、
まず、押さえておきたい点は、

「女性にも男性ホルモンは出ている」

という事実です。

「えー、男性ホルモンなんて
どこから出ているの?」

と聞かれそうですけど、
女性の場合、男性ホルモンは
おもに副腎というところから
分泌されています。

この副腎のある場所は
どこかと言うと、
背中にある両方の腎臓の上に
ちょこんとのっています。

副腎は、副腎皮質ホルモンを
出すところとしての方が有名ですが、
総じて、「背中にしょったプレッシャー」
というストレスにさらされやすいのです。

***

背中にしょったプレッシャーとは、
どちらかと言えば
男性が抱えやすい種類のストレスです。

家族を食べさせる、
大きな仕事を任される、
親を安心させたいetc、etc…。

とにかくここは、

「周囲の期待が突き刺さる場所」と

思っていただいて結構です。

その期待に応えようと頑張ると、
副腎は男性ホルモンを分泌します。

男性ホルモンには
男性的な力をみなぎらせ、
カラダを引き締める作用が
あるからです。

結果、相対的にですけど、
女性ホルモンの分泌が
低下してしまうのです。

***

ご質問くださった方へ、

まず生理がとまってしまってた
7年前、

その前後の半年間で、
どのような周囲の期待に
応えようとしていたか、

一度、思い返して見てください。

そして、同じような思いが、
そのまた7年前、

またまた
その7年前になかったか…

どういうプレッシャーに
さらされていたか、

同じような周囲の期待を
感じていなかったか、

7年ごとの自分年表を
整理してみるのが
いい作用を生むかも知れません。

***

生理がとまってしまう方は、
類まれな才能と能力に
恵まれた方が多いですから、
周囲の理解を超えた悩みを
持ちやすいものなのです。

誰にも相談できず、
自己解決をはかる道をえらぶ…。

***

普段から、
どんな悩みや不安も表に出さない。
決して自分の弱みを他人に見せない。

この態度はカラダを開く
女性ホルモンの分泌を
弱めてしまいます。
逆に、カラダを引き締め
カラダを閉じる
男性ホルモンを
誘導しやすくなるのです。

まずは、イメージの中で結構です。
7年前のあなた、
そのまた7年前のあなたの悩みに、
今のあなた自身が
よき相談者になってあげてください。

その気持ちがはっきりしたところで、
誰か本当に信頼できる人に
自分の悩みを共有してもらう。

自分の弱みをオープンにできる強み。

逆説的ですけど、
これが、女性ならではの強さなのです。

関連記事

  1. 乳がん予防・・・週に一度でよいのでやってみよう。

  2. 乳がん予防・・・もうひとつ、簡単だけどとても大事な方法。

  3. 思わずうなる!男女の違いをチェック!!

  4. クイズでチェック!女性は知っているはずの女性の体のこと。811で改めて…

  5. 卵巣嚢腫で15cmの傷ができて。by月よみ師 日菜

  6. 薬剤師(姉)&鍼灸師(妹)が伝えたい、医師と患者のコミュニケ…

  7. 薬剤師(姉)& 鍼灸師(妹)が伝えたい、 これからの医療のつきあい方

  8. 未来の安心を自分で作る

PAGE TOP