「乳がん」・・・おのころ考察。

おのころ心平です。

「乳がん」が増えていると言います。

僕は、
東洋医学的および
発生学的観点から、

乳がんは、

「心臓」が原因となっている、
と考察しています。

え?
心臓から?

意外に思われるかもしれませんが、

まず、
「心臓がん」って
あまり聞いたことがないでしょう?

大きな臓器
(とくに心臓なんて重要な臓器)は、

自分がへばって
機能不全になってしまうと
カラダ全体に
大きな弊害が出るので、

なるべく関連する
ほかの器官に
ストレスを分散する
傾向があります。
***

心臓の場合、

それは小腸、血管、
そして、乳房に
顕著に現れる傾向があるのです。

時計の時刻が
社会的リズムだとするなら、

私たちの内面の時間は、
心臓のリズムがつくっています。

社会的(外面)時間と
内面時間…

このリズムのズレは、
いまだ男性的な直線的リズム
(テストステロンリズム)の
現代社会にあっては、

女性のカラダにそのしわ寄せが
現れやすいのです。

はたらく女性が
ホルモンのリズムを
崩してしまう理由は、
ここにあります。

社会的な
職場でのストレスは
まず心臓のリズムを
かき乱し、

→ホルモンのリズム
(子宮、卵巣、甲状腺へ)

→小腸の消化吸収の蠕動運動のリズム
(それによって食べ過ぎや拒食が起こる)

へと影響し、

→そして、より直接的には、
外界と心臓の間に位置する「乳房」に、
そのストレスが蓄積してしまうのです。

関連記事

  1. おのころ心平の『乳がん』の考察&予防につながるセルフケア

  2. おのころ心平の女性のカラダが発するメッセージ

  3. 乳がん予防・・・もうひとつ、簡単だけどとても大事な方法。

  4. 乳がん予防・・・週に一度でよいのでやってみよう。

  5. 生理がとまってしまうのココロ…おのころ考察。

PAGE TOP